かぢゅまる日和

プロフィール…を書いていこうと思うんだが

何から書いていいかわからーーーん!!

ので、思いつくまま書く

仕事なんて大嫌い

楽しい時期もあった

けどとうに通り越した

もう10年以上前のコト

もう私はズット楽しくない

不倫・愛人クソ喰らえ
そんなんばっかりのこの世界にうんざりだ

なんでそんなんで金持ってんの?マジ疑問

人のカッコ良さってお金と比例しないんだね

どいつもこいつも名指しで呼びたいくらいだよ

でもそんなのもどうでもいいや

私は出来れば働きたくない
でも働かずして生きてもいけない

働くのが嫌いなのか

水商売という仕事が嫌いなのか

多分後者だけど、正直たった今はいまいちわからない

でももうこの世界にいたくない

こんな世界にいつまでいても私の幸せはないって断言出来る

それにこの仕事をしている人で

「本当に素敵だなぁ〜、こんな人」

ごめん、申し訳ないけど誰1人見たコトない

あ、違うな

素敵な人はいる

けど幸せそうな人はあんまりいないなって私は思う

それはあくまで私目線だけど私がどう思ったり感じたりするかは私の勝手だ

なんか「敵増えちゃうかな…」とか別に敵をつくりたいワケじゃないんだけど

出来れば私は穏やかにのほほんとやっていきたいんだけど

まぁ、思い返せば敵ばっかりだったかw

私はいつもはぐれモノぉ〜、子供の頃から筋金入りだ

じゃなきゃ、こんな仕事もしてないっか笑

望むところかw

うん、言いたいコトはハッキリ言おう

 

遊びが仕事になったらいいのに

どれだけ唱えてきただろうか

〝好き〟なコトで生きていきたかった

やりたいコトは全部遊びの延長線
楽しいそうかワクワクするか

好きなコトならいくらでも

ハマったらとことん、おかわりください

つまらない退屈な人生を送るくらいなら死んじゃった方がいいやって本当に思う

それくらいつまらないって私の心を腐らせる

でもどうしたら好きなコトで生きていけるのか
全然わからなかった

なんか途中からどう生きていいかわからなかったし

ホステスかぢゅまるって着ぐるみ作ったら脱げなくなっちゃって

今必死で自分を取り戻そうとしている

もう世間的にはいい年だと思う

オレの母ちゃんなんてエラくて

絶対に結婚の心配もしてるハズなのに「け」の一言も出さない

もう嘘で固められた華やかっぽい世界に未練はない

引退する

でも引退するにももう少しお金が必要だ

でももう、時期だ

人によっては「なんだこいつ?」って

妙なコトを言ってるかも知れないが

去年からもうホステスじゃない

違う仕事で生きていけるようになれなきゃいけない

って、同じように思った人、ホステスでなくてもいるんじゃないかな?

私は4ヶ月働かなかったし、まぁクソ真面目に自粛しては引きこもってたワケだ

もちろん給料は出ないし

当時、確定申告もしたコトがなかったので給付金もない

10万はもらった

少しコロナが落ち着いたように見えてまた出勤しはじめた9月末から

ビンビンきてる

このままじゃいけないって

それにお店がヤダとか
誰がどうとか
そんなんじゃないんだ

やりたいんだ!!

私はやっと見つけた希望を絶対離さない!!

 

…はいっ!!
ちょっと何も考えずにババっと書いたので意味不明ですが笑

かぢゅまる

誕生日はみんな大好き5月5日

お店では平気でAB型って嘘ついてきたけどホントはA型

こだわりが強くて自分でも自分がけっこう面倒くさぁ〜い

幼少期から24:00を過ぎる夜更かしはしょっちゅう

大人の仲間入りのような気がして張り切って夜更かしをした

6つ上の姉の影響でゲームで育つ

中学3年心から友達と呼べる友達がいなかった

同時に初めての彼氏が出来るがチョットやさぐれた人だったので

その人の影響で中学校もつまんないし行かなくなる

不仲な両親の言い合いをクソ狭い実家なんで聞こえてくるのに限界が

なんとか母親に15歳から一人暮らしをはじめさせてもう
自由故にゲーム三昧でいろいろヤバくなる

初めてしたバイト、ガストはスッゲー楽しかった

だからもっともっとみんなと働きたくて2年になってスグ退学宣言

その時「50年経っても後悔しない」と言ったらしい

コレで担任の先生も諦めるしかなかったと後日談

教師人生1人も退学者がいなかったそうでそれは本当に申し訳なかったなと思う

出来れば、あの時送り出して良かったコトが間違ってなかったんだと思ってもらえるくらいになってまたいつか会えたらなと思う

と言っても、疎遠になったワケでもなく実はLINEを知っている笑

そして数年後、大検ならぬ高卒認定資格はノリで取りに行った

16歳の時

18歳から募集…だったかな

その貼り紙を見て「16歳なんですけどダメですか?」って洋服屋さんで雇ってもらえた

今思うと、洋品店って呼んだ方が正しいかも知れない…

そこで一緒に働いてた先輩の影響で水商売に興味を持つ

同時に親友の友達がキャバクラで働いてたかなんかで時給がスゴいと聞いてそこも魅力に感じていた

17歳のいつか

某キャバクラにスカウトされるが18歳でないと伝えたら18歳になったら連絡させてほしいとマークされる

おかげで18歳になった直後から六本木デビュー

ほぼ3年後、何故か同じ店の先輩方が銀座に行くというラッシュ
はじめて銀座に興味を持つし

どういう経緯か全然覚えてないんだけど銀座で3店舗見学して
その日見た中で1番綺麗だなって思ったママのお店で働く

 

続く…

プロフのテンプレないのかーーー!?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA